2018年05月30日

トウキの開花

2018.5.30.2.jpg
【和名】トウキ

学名】Angelica acutiloba Kitagawa

【科名】Umbelliferae(セリ科)

【用部】茎葉、根

【用途】茎葉=浴湯料
    根=補血、強壮、鎮痛

【特徴】トウキは白い花の形状が薬用のニンジンと似ているので、間違えやすいが、トウキにはセロリの香りがあるので判断しやすい。

【出典】
カラー版 ホーム園芸 薬になる植物百科 260種の採取と用い方 P148
昭和58年 11月 15日 初版発行 

投稿者:4年 藤村 実可子
posted by 昭和薬科大学薬用植物園 at 14:04 | 東京 ☁ | Comment(0) | 開花中(草本区)   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

ウツボグサの開花

2018.5.30.jpg

【和名】ウツボグサ

学名】Prunella vulagaris L.var.lilacina Nakai

【科名】(シソ科)

【用部】花穂

【生薬名】花枯草(カゴソウ)

【用途】利尿 消炎

【成分】ursolic acid

【特徴】ちょうど花穂の形が矢を入れる靱(うつぼ)に似ていることから、この名前となった。
また、夏に花穂が褐色に枯れることから、夏枯草(かごそう)と呼ばれている。

【出典】
カラー版 ホーム園芸 薬になる植物百科 260種の採取と用い方 P30
昭和58年 11月 15日 初版発行 

投稿者:4年 藤村 実可子

posted by 昭和薬科大学薬用植物園 at 13:54 | 東京 ☁ | Comment(0) | 開花中(草本区)   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月25日

トケイソウの開花


image4.jpeg
【和名】トケイソウ
学名】passiflora alata

【科名】passifloraceae (トケイソウ科)

【用部】果実

【用途】生食 ジャムやジュースに用いられる

【特徴】全株無毛 茎は四角で翼がある
葉は卵型から卵状楕円形、長さ8〜15cm
花は径10〜12cmでわずかに芳香がある。萼弁と花弁冠は四層からなり、白、赤、紫の斑が入る
果実には、風味・甘味のあるものが多い。

【出典】
・園芸植物大事典2 小学館(編集:小学館・八坂書房 1994年発行) 1597~1599ページ

投稿者:4年 藤村 実可子
続きを読む
posted by 昭和薬科大学薬用植物園 at 16:23 | 東京 ☀ | Comment(0) | 開花中(温室)    | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月25日

ドクダミの開花

image2.jpeg

【和名】ドクダミ
学名】 Houttuynia cordata Thunb.

【科名】 Saururaceae(ドクダミ科)

【用部】地上部=ジュウヤク(十薬)

【用途】整腸 利尿 緩下 消炎

【漢方】五物解毒散

【成分】quercitrin

【特徴】ドクダミの全草を乾燥したものを十薬と称し、民間ではその煎汁を便秘症、風邪、蓄膿症に応用するほか腰痛や冷え性にも用いる。
また、ドクダミの臭気成分である、デカノイル・アセトアルデヒドは抗菌性がありカビや白癬菌に効果がある。


【出典】
・園芸植物大事典2 小学館(編集:小学館・八坂書房 1994年発行) 1597ページ

投稿者:4年 藤村 実可子
posted by 昭和薬科大学薬用植物園 at 15:29 | 東京 ☀ | Comment(0) | 開花中(草本区)   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月25日

アジサイの開花


image1.jpeg
【和名】アジサイ

学名】 Hydrangea macrophylla

【科名】ユキノシタ科

【用途】民間でおこり(瘧)に煎用する

【特徴】花を紫陽花(シヨウカ)と称する
日本の暖帯に分布する低木で高さ2〜3m程度
樹皮は淡い灰褐色で、枝ぶりは太い
花は淡い紅紫色や、碧色を帯びるものもあるが、白色であることも多い

【出典】
・園芸植物大事典1 小学館(編集:小学館・八坂書房 1994年発行) 70〜71ページ

投稿者:4年 藤村 実可子
posted by 昭和薬科大学薬用植物園 at 15:13 | 東京 ☀ | Comment(0) | 開花中(池・湿生区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

イブキジャコウソウの開花


image31.jpeg

【学名】Thymus quinquecostatus Celak

【和名】イブキジャコウソウ

【科名】 Lamiaceae(シソ科)

【薬用部位】葉=百里香(ヒャクリコウ)

【用途】発汗 駆風
【別名】イワジャコウソウ

【出典】ylist
投稿者:4年 藤村 実可子
posted by 昭和薬科大学薬用植物園 at 15:29 | 東京 ☀ | Comment(0) | 開花中(草本区)   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

【有毒】ハルザキクリスマスローズの開花

image111.jpeg
【学名】Helleborus orientalis Lam.

【科名】Ranunculaceae(キンポウゲ科)

【毒性】強い毒性がある

【薬用部位】根

【用途】消化不良 止瀉に用いられた

【出典】YList
投稿者:4年 多田 綺華
posted by 昭和薬科大学薬用植物園 at 15:03 | 東京 ☀ | Comment(0) | 開花中(草本区)   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

ギョウジャニンニクの開花

image211.jpeg
【学名】Allium victorialis L.var.platyphyllum Mkino

【科名】Amaryllidaceae(ヒガンバナ科)

【薬用部位】りん茎

【用途】ニンニクの代用(香辛料 強壮健胃 利尿)

投稿者:4年 多田 綺華
posted by 昭和薬科大学薬用植物園 at 14:48 | 東京 ☀ | Comment(0) | 開花中(草本区)   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

【有毒】ジギタリスの開花

image21.jpeg
【学名】Digitalis purpurea L.

【科名】Plantaginaceae(オオバコ科)

【薬用部位】葉=ジギタリス

【用途】強心 うっ血性心不全

【成分】digitoxin, purpurea glucoside

【出典】YList

投稿者:4年 多田 綺華
posted by 昭和薬科大学薬用植物園 at 14:36 | 東京 ☀ | Comment(0) | 開花中(草本区)   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

ヒレハリソウの開花




E4BA94E69C88E9968BE88AB1E381AEE6A48DE789A9-thumbnail25B15D-thumbnail2[1].jpg


【和名】ヒレハリソウ

【学名】Symphytum officinale  L.

【科名】 Boraginaceae(ムラサキ科)

【有毒植物】ピロリジジンアルカロイドを含み、肝障害被害が報告されている。
これを含む食品の販売は自粛を求められている。
自家栽培についても接種を控えることが望ましい。

投稿者:4年 藤村 実可子

続きを読む
posted by 昭和薬科大学薬用植物園 at 17:07 | 東京 🌁 | Comment(0) | 開花中(草本区)   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

クサノオウの開花

image1.jpeg
【学名】 Chelidonium majus var. asiaticum

【科名】  Papaveraceae(ケシ科)

【薬用部位】 全草(白屈菜)

【用途】 外用:発疹、打撲、腫れ物、虫さされ、たむし、疥癬
※有毒植物であるため、素人による内服は危険である。

【特徴】北海道から九州およびサハリン、朝鮮半島、中国東北部に分布し、道端や林縁、石垣の間などの陽地に広く一般にみられる越年草。

【成分】 ケリドニウムアルカロイド(ケリドニン、プロトピン、ケリジメリン、サンギナリン、ケレリトリン)、リンゴ酸、精油

【出典】
北隆館 牧野和漢薬草大圖鑑(監修:岡田稔 平成14年発行 135ページ)

投稿者:4年 多田 綺華
posted by 昭和薬科大学薬用植物園 at 12:52 | 東京 ☁ | Comment(0) | 開花中(草本区)   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

シャクヤクの開花

image3-5cfe3-thumbnail25B15D-thumbnail2[1].jpg

【学名】Paeonia lactiflora Pall.

【科名】 Paeoniaceae(ボタン科)

【薬用部位】根=芍薬(シャクヤク)

【用途】収れん 緩和 鎮痙 鎮静

【漢方】葛根湯 芍薬甘草湯


投稿者:4年 藤村 実可子  
posted by 昭和薬科大学薬用植物園 at 12:42 | 東京 ☁ | Comment(0) | 開花中(草本区)   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

シャガの開花

2018.4E9968BE88AB1-thumbnail2[1].jpg

【和名】シャガ

【学名】Iris japonica Thunb.

【科名】Iridaceae(アヤメ科)

【薬用部位・用途】全草=胡蝶花(コチョウカ) 根茎

【用途】全草=解毒、鎮痛 根茎=鎮痛、消炎、下剤

【特徴】
中国、日本に産する。
根茎から長い走出枝を出して植える。
葉は常緑で光沢があり、剣形で扇状。
茎は8つばかりに分枝し、各枝にけい径約5cmの一日花を次々に28輪ほどつける。
花色は白地で中央部に橙色のとさか状突起と橙色、紫色斑がある。

【出典】
・園芸植物大事典1 小学館(編集:小学館・八坂書房 1994年発行) 6ページ


投稿者:4年多田 綺華 
posted by 昭和薬科大学薬用植物園 at 16:35 | 東京 ☀ | Comment(0) | 開花中(林地区)   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

ミツバアケビの開花

image3.jpeg
【和名】ミツバアケビ

【学名】Akebia trifoliata Koidzumi

【科名】Lardizabalaceae(アケビ科)

【薬用部位】茎=木通(モクツウ)

【用途】利尿 通経

【漢方】当帰四逆湯

【特徴】
山野に見られるつる性の落葉木本で、北海道、本州、四国、九州、中国に分布する。
葉は長い葉柄をもつ3小葉からなる掌状複葉で、若枝では互生し、老枝では束生する。
花は4〜5月総状花弁につき、濃暗紫色。
果実は長楕円形で果皮は厚く、熟すと紫色となる。白い果実は甘くて食べられる。

【出典】
・園芸植物大事典1 小学館(編集:小学館・八坂書房 1994年発行) 53〜55ページ


投稿者:4年多田 綺華 

posted by 昭和薬科大学薬用植物園 at 13:51 | 東京 ☁ | Comment(0) | 開花中(草本区)   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

ハシリドコロの開花

image1[2].jpeg
【和名】ハシリドコロ

【学名】Scopolia japonica Maxim.

【科名】Solanaceae(ナス科)
【薬用部位】根茎(=ロートコン)


【特徴】
アルカロイドを含有する有毒植物である。
ヨーロッパ南部からインド、日本にかけて6種類が分布する。

【出典】
・園芸植物大事典2 小学館(編集:小学館・八坂書房 1994年発行) 1654〜1658ページ


投稿者:4年外間海盛


posted by 昭和薬科大学薬用植物園 at 13:15 | 東京 ☁ | Comment(0) | 開花中(草本区)   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

キバナイカリソウの開花

image1.jpeg

【和名】キバナイカリソウ

【学名】Epimedium grandiflorum Morr.var.thunbergianum Nakai

【科名】Rosaceae(メギ科)

【薬用部位】地上部=淫羊藿

【用途】強壮 補精
【特徴】
北海道の西南部から九州の温〜暖帯に分布する多年草
通常冬は落葉する
高さ20〜40cmで、葉は長柄があり、小葉は卵型で基部は心臓型。
開花は4月〜5月


【出典】
・園芸植物大事典1 小学館(編集:小学館・八坂書房 1994年発行) 202〜203ページ


投稿者:4年藤村 実可子 
posted by 昭和薬科大学薬用植物園 at 12:34 | 東京 ☁ | Comment(0) | 開花中(草本区)   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

ゲットウの開花

image2.jpg

【学名】Alpinia zerumbet(Pers.)B.L.Burtt et R.M.Sm.

【科名】Zingiberaceae(ショウガ科)

【薬用部位】種子=白手伊豆縮砂

【用途】芳香健胃、香辛料

【特徴】インド原産でベトナム、中国中部、沖縄、九州南部にも分布する。高さ2〜3メートルにもなる。
     花は白色で唇弁は広卵形で、辺縁は黄色で赤色の斑点と条線があり美しい。

【出典】
園芸植物大事典1 小学館 1994年4月20日発行 発行者・秋庭隆 166ページ
投稿者:3年 外間 海盛

posted by 昭和薬科大学薬用植物園 at 14:13 | 東京 ☀ | Comment(0) | 開花中(草本区)   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

オールスパイスの開花

image1.jpeg
【学名】Pimenta dioica (L.) Merr.

【科名】Myrtaceae(フトモモ科)

【薬用部位】果実

【用途】防腐・抗菌作用など、薬用としてグローブと同じような効果が知られている。また、身体をリラックスさせる作用があり、ポプリなどに混合されることもある。
【特徴】中米では、マヤ文明の時代から防腐剤や調味料として用いられてきた。また、アメリカでも高価な東洋のスパイスに比べて、産地が近く入手が比較的容易であったことから重宝されたという。高さ9mに達する常緑樹。スパイスとして用いるのは果実で、、直径約1cm、形状はペッパーに似ている。
【出典】
ハーブ・スパイス館 株式会社 小学館 (編集者:田部井満男 2000年3月発行) 421ページ
投稿者:3年 高野 絵里加
posted by 昭和薬科大学薬用植物園 at 13:44 | 東京 ☀ | Comment(0) | 開花中(草本区)   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

アミガサユリの開花

DSC_0700.JPG
【学名】Fritillaria verticillata Willd. var.thunbergii(Miq)Baker

【科名】Liliaceae(ユリ科)

【薬用部位】鱗茎=貝母(バイモ)

【用途】鎮咳、去痰、排膿、催乳

【特徴】中国原産の多年生草本で、我が国でも観賞用によく栽培される。
その形がハマグリに似るため貝母(バイモ)の名がある。
早春花の未だ無いころに花が咲き、花色もいたって渋いので茶花に賞用される。

【出典】
廣川薬用植物大辞典 廣川書店(編集:木島正夫 柴田承ニ 下村孟 東丈夫 昭和38年発行) 18ページ
投稿者:3年 多田 綺華
Yahoo!ブックマークこのエントリをLivedoorクリップに追加イザ!ブックマークTwit This
posted by 昭和薬科大学薬用植物園 at 12:17 | 東京 ☀ | Comment(0) | 開花中(草本区)   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

シナレンギョウの開花

image1.jpeg

【学名】Forsythia viridissima Lindl.

【科名】Oleaceae(モクセイ科)

【薬用部位】果実=レンギョウ 連翹

【用途】消炎、解毒、排膿、利尿

【特徴】花は黄色でかわいらしい。
中国東部の原産で、3m前後の株立ちとなる。
葉は楕円形から、披針形で、通常鋸歯のある単葉。
花は帯緑黄色で前年でた枝の各節に1〜6個ずつ付く。
開花期は4月ごろ。

【出典】
・園芸植物大事典2 小学館(編集:小学館・八坂書房 1994年発行) 3066ページ
・和漢薬百科図鑑[T] 保育社(著者:難波 恒雄 平成5年発行) 297ページ
・植物和名ー学名インデックス YList(http://ylist.info/ylist_detail_display.php?pass=3063)
投稿者:3年 藤村 実可子
posted by 昭和薬科大学薬用植物園 at 14:36 | 東京 ☀ | Comment(0) | 開花中(民間薬区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

ウメの開花

IMG_9301.jpg
【和名】ウメ

【学名】Prunus mume Sieb. et Zucc.

【科名】Rosaceae(バラ科)

【薬用部位】未熟果実=烏梅(ウバイ)

【用途】整腸、解熱、鎮咳
清涼性収斂薬として、止瀉、解熱、鎮咳、祛痰、鎮呕に応用する。
また回虫駆除にも利用する。

【特徴】
落葉高木で、樹高は10mに達する。
枝は無毛で、基本的には斜上あるいは直上してよく伸び、若枝は緑色である。
葉は互生し、卵形で長さ5~8cm、先端は鋭尖形、基部は鋭形、葉縁には2重鋸歯がある。
両面とも微毛があり、裏面の色は表面よりもうすい。
花芽は1年生枝の節に7~8月ごろに分化する。
翌年の2~3月ごろ、葉に先立って開花する。


【出典】
・園芸植物大事典1 小学館(編集:小学館・八坂書房 1994年発行) 289ページ
・和漢薬百科図鑑[T] 保育社(著者:難波 恒雄 平成5年発行) 255ページ

投稿者:4年 齋藤 寛之
続きを読む
posted by 昭和薬科大学薬用植物園 at 15:15 | 東京 ☀ | Comment(0) | 開花中(草本区)   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

リュウキュウトロロアオイの開花

image1.jpeg

【和名】 リュウキュウトロロアオイ

【学名】Hibiscus abelmoschus

【科名】 Malvaceae(アオイ科)

【特徴】
一年草、淡黄色で5弁の大きな花を開く。
花心は暗紫色で雄しべが多数。
一日花で夕方にはしぼんでしまう。
【出典】
・薬草カラー大図鑑 伊沢一男著 529,530ページ
植物和名ー学名インデックス YList
投稿者:4年               
Yahoo!ブックマークこのエントリをLivedoorクリップに追加イザ!ブックマークTwit This
posted by 昭和薬科大学薬用植物園 at 15:05 | 東京 ☀ | Comment(0) | 開花中(温室)    | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

ゴシュユの果実

IMG_9620.JPG
【和名】ゴシュユ

【学名】Euodia ruticarpa Benth.

【科名】Rutaceae(ミカン科)

【薬用部位】果実=呉茱萸(ゴシュユ)

【用途】健胃、冷え症、鎮痛
呉茱萸は血行をよくして手足の冷えを温める作用があり、当帰四逆加呉茱萸生姜湯に配合され、冷え症などに用いられる。また冷え症の方の頭痛や頭痛に伴う吐き気やおう吐に使用される呉茱萸湯に配合される。

【特徴】
中国中南部の暖帯に原産する落葉高木で、高さ2.5mになる。
日本では薬園で栽培されるが、ときに逸出して野生化する。雌雄異株。
若枝は緑色で、短毛が密生する。葉は羽状複葉で長さは16~40cm。
小葉は5~9個あり、楕円形または倒卵形、長さ7~14cm、全縁で、両面の脈に沿って短毛が密生する。
花は8~9月に頂生する。
日本には江戸時代に雌株のみが渡来し、雄株はないと言われている。

【出典】
・園芸植物大事典1 小学館(編集:小学館・八坂書房 1994年発行) 856~857ページ
・一般用漢方処方の手引き 株式会社 じほう(編集:日本漢方生薬製剤協会 平成25年発行) 220ページ
・和漢薬百科図鑑[T] 保育社(著者:難波 恒雄 平成5年発行) 233〜234ページ
投稿者:4年 齋藤 寛之
posted by 昭和薬科大学薬用植物園 at 12:11 | 東京 ☁ | Comment(0) | 開花中(木本区)   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

アザミゲシの開花



image1.JPG

【学名】Argemone mexicana L.

【科名】Papaveraceae(ケシ科)

【特徴】高さ30〜60cmの一年草。葉は羽状に分裂し、強刺がある。白脈が顕著である。全草にberberine,protopineを含有している。花は淡黄色で散りやすい。種子は乾性油に富む。江戸時代末期に渡来し、現在日本で栽培されている種である。

【出典】
・園芸植物大事典1 小学館 1994年 編者:塚本 洋太郎 157ページ 
植物和名ー学名インデックス YList
投稿者:4年 阿部
posted by 昭和薬科大学薬用植物園 at 10:41 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 開花中(草本区)   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

イブキジャコウソウの開花

IMG_8829.JPG

【和名】イブキジャコウソウ

【学名】Thymus quinquecostatus Celak.

【科名】Labiatae(シソ科)

【薬用部位】葉=百里香(ヒャクリコウ)

【用途】発汗、駆風

【特徴】
日本、中国、ヒマラヤに分布する、高さ10〜15cmのほふく性の低木。
葉は全縁で長さ5~10mmで、両面に腺点がある。
萼は長さ4~5mm、花冠は淡紅色で長さ7~8mm、長さ5~6mm。
葉に黄斑の入ったものがある。

【出典】
・園芸植物大事典2 小学館(編集:小学館・八坂書房 1994年発行) 1544ページ

投稿者:4年 齋藤 寛之

posted by 昭和薬科大学薬用植物園 at 12:21 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 開花中(草本区)   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

ウツボグサの開花

IMG_8806.JPG
【和名】ウツボグサ

【学名】Prunella vulgaris L. var. lilacina Nakai

【科名】Labiatae(シソ科)

【薬用部位】花穂(カゴソウ、夏枯草)

【用途】利尿、消炎
【特徴】
セイヨウウツボグサとは花が大きいので亜種の関係にあつかわれる。
日本のほか、朝鮮半島、中国に分布し、日当たりのよい山野の道端にふつうに見られる。
花は紅紫色(まれに白色)で初夏から夏に開く。
花冠は長さ約2cm。雄しべの花糸の先端に爪状の突起がある。
花が終わるころから茎の基部により短い走出枝を伸ばし、その先に新しい株をつくって越冬する。
花穂は花が終わると直立したまま枯れて暗褐色となるので、カコソウ(夏枯草)という別名がある。


【出典】
・園芸植物大事典1 小学館(編集:小学館・八坂書房 1994年発行) 286ページ

投稿者:4年 齋藤 寛之
posted by 昭和薬科大学薬用植物園 at 16:07 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 開花中(草本区)   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

カイケイジオウの開花

image1[1].JPG

【和名】ジオウ

【学名】Rehmannia glutinosa Libosch.f.hueichingensis Hsiao 

【科名】Rehmanniaceae(ジオウ科)

【薬用部位】根

【用途】補血、強壮、解熱、緩下

【特徴】
中国原産で、薬用に栽培される。
体に白色の腺毛があり、根茎は黄白色で塊状に肥大し、長く地中をはう。


【出典】
・園芸植物大事典2 小学館(編集:小学館・八坂書房 1994年発行) 3065ページ
・植物和名ー学名インデックス YList

                                                  投稿者:4年 阿部
続きを読む
posted by 昭和薬科大学薬用植物園 at 11:15 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 開花中(草本区)   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

シャクヤクの開花

attachment00[1].jpg


【和名】シャクヤク

【学名】Paeonia lactiflora Pall. var. trichocarpa (Bunge) Stearn

【科名】ボタン科(Paeoniaceae)

【薬用部位】根

【用途】収れん、緩和、鎮痙、鎮静

【成分】paeoniflorin


【特徴】
中国、モンゴル、シベリア、東南部、朝鮮半島北部に分布する多年草。
高さ50−90p、根は紡錘状になる。
葉は互生し、1−2回3出複葉、小葉は3裂することが多い。葉は大形で白ー赤色、しばしば八重咲きとなる。
子房は無毛。


【出典】
・園芸植物大事典1 小学館(編集:小学館・八坂書房 1994年発行) 1148ページ
・植物和名ー学名インデックス YList(http://ylist.info/index.html

posted by 昭和薬科大学薬用植物園 at 13:22 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 開花中(草本区)   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

カノコソウの開花

IMG_8760.JPG

【和名】カノコソウ

【生薬和名】吉草根

【別名】ハルオミナエシ

【学名】Valeriana fauriei Briq.

【科名】 オミナエシ科(Valerianaceae)

【薬用部位】根及び根茎

【特徴】
日本全土の山地に自生し、朝鮮半島、中国北部、サハリンにも分布する。
北海道で主として薬用目的に少量を栽培する。
耐寒性の強い多年草。茎は直立して草丈40〜80cm、根茎から細いストロンを出し、また根を多出する。
根出葉、茎葉ともに葉形の変異が多い。
花は白色〜淡紅色、花筒の下部は、やや片側にふくらむ。
果実は宿存萼が冠毛状になり飛散する。


【出典】
・園芸植物大事典1 小学館(編者:青葉 高 ら、総監修:塚本 洋太郎 1994年発行) 492ページ

投稿者:4年 齋藤

posted by 昭和薬科大学薬用植物園 at 13:15 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 開花中(草本区)   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

ボタンの開花

IMG_8713.JPG

【和名】ボタン

【学名】Paeonia suffruticosa Andrews

【科名】 ボタン科(Paeoniaceae)

【薬用部位】根皮=ボタンピ(牡丹皮)

【特徴】
葉は2回3出複葉。頂小葉は約10cm。葉の表面は緑色で無毛、裏面が淡緑色で白粉を帯びる。
葉柄は長さ5〜11cmでほぼ無毛。花は枝先に単生し、径10~17cmで、白、桃、紅、紫色。
萼片は5個で緑色。花弁は5個であるが、八重もある。雄しべは多数。
花盤は紫紅色で杯状に雌ずいを包被する。雄しべは5個で柔毛が密生し、成熟すると裂開する。
開花期は5月で、果実の成熟期は6月。
根皮は鎮痛、消炎、浄血、中風、腹痛などの薬用に使われる。

【出典】
・園芸植物大事典2 小学館(編者:塚本 洋太郎 1994年発行) 2236ページ

投稿者:4年 齋藤
Yahoo!ブックマークこのエントリをLivedoorクリップに追加イザ!ブックマークTwit This

続きを読む
posted by 昭和薬科大学薬用植物園 at 13:35 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 開花中(草本区)   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

キャッツテールの開花

写真 (2).JPG
【和名】キャッツテール(アカリファ)


【学名】Acalypha wilkesiana Müll.Arg.

【科名】トウダイグサ科  (Euphorbiaceae)



【特徴】熱帯、亜熱帯に広く分布し、約300種がある。通常卵形で鋸歯があり、羽状脈をもつ。花は小形で花弁を欠き、穂状花序に多数つく。ネコジャラシのようなふさふさした赤い花穂をつける。

【出典】
・園芸植物大事典1 小学館 1994年 編者:塚本洋太郎 2578ページ
・植物和名ー学名インデックス YList(
http://ylist.info/index.html

投稿者:4年 松本
posted by 昭和薬科大学薬用植物園 at 15:23 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 開花中(温室)    | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

トックリアブラギリの開花

image1.JPG


【学名】Jatropha podagrica Hook

【科名】Euphorbiaceae(トウダイグサ科)

【特徴】別名サンゴアブラギリとも言われる。幹は短く、多肉質で、基部が膨大して、不整とっくり状になり、上部は細くなる。枝端に長柄をもった集散花序がつき、花色は朱赤色。

【出典】
・園芸植物大事典2 小学館 1994年 編者:塚本 洋太郎 2578ページ 
投稿者:4年 阿部
posted by 昭和薬科大学薬用植物園 at 15:05 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 開花中(温室)    | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

ニオイイリスの開花

IMG_8520.JPG

【和名】ニオイイリス

【学名】Iris florentina Linn.

【科名】 アヤメ科(Iridaceae)

【薬用部位】根茎=イリス根

【特徴】
地中海の島々とイタリア中西部、フランス南部、スペイン南部、アフリカ北西部に野生化している。
葉は長さ50cm、茎は細く分岐し、高さ50cmくらい。
花は白色は橙黄色のひげを持つ。
イタリアで香料用の産業作物として栽培された。

【出典】
・園芸植物大事典1 小学館(編集:小学館・八坂書房 1994年発行) 4ページ

投稿者:4年 齋藤
posted by 昭和薬科大学薬用植物園 at 13:48 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 開花中(民間薬区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

タカサゴイチビの開花

写真 (1).JPG
【和名】タカサゴイチビ(シマイチビ)

【学名】Abutilon indicum (L.) Sweet subsp. indicum

【科名】アオイ科  (Malvaceae)

【特徴】アブティロン属(和名:イチビ属)であり、この属は熱帯及び亜熱帯に約100種が分布している。栽培されているものは中央及び南アメリカに自生しているものが多く、温室栽培されているもの以外に耐寒性のものもある。

【出典】
・園芸植物大事典1 発行者 秋庭隆
・日本薬草全書 監修:水野瑞夫
・植物和名ー学名インデックス YList(
http://ylist.info/index.html

投稿者:4年 松本






posted by 昭和薬科大学薬用植物園 at 17:06 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 開花中(温室)    | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

ユーフォルビア・ミリー・ヒスロピー(フトハナキリン)の開花

image1 (1).JPG

【和名】フトハナキリン

【学名】Euphorbia milii var.hislopii

【科名】トウダイグサ科(Euphorbiaceae)

【特徴】主茎は太さ3〜6cmにもなり、縦に扁平な三角状の刺が列をなす。刺は長さ10〜20mm。
    花茎の先端に桃紅色ないし紅赤色の短柄をもった椀状花序を2〜16個つける。

【出典】
・園芸植物大事典2 発行者 秋庭隆





投稿者:4年 阿部

posted by 昭和薬科大学薬用植物園 at 16:49 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 開花中(温室)    | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

モミジイチゴの開花

image1 (4).JPG

【和名】モミジイチゴ

【学名】Rubus palmatus Thunb. var. coptophyllus

【科名】Rosaceae(バラ科)

【特徴】別名キイチゴと呼ばれる。茎は普通短命で多くは刺がある。

【出典】
・園芸植物大事典1 発行者 秋庭隆
投稿者:3年 阿部
posted by 昭和薬科大学薬用植物園 at 12:21 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 開花中(草本区)   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

アミガサユリの開花

2


【和名】アミガサユリ

【別名】バイモ

【学名】Fritillaria thunbergii Miq.

【科名】 ユリ科(Liliaceae)

【特徴】
地下に鱗茎を持つ、中国原産の多年草。各地で栽培され、茶花にも使われる。3〜4月ごろに咲く花は鐘形で、淡黄緑色、内面にあみ笠のような文様があることから、この名がついた。

【出典】
・薬草カラー大図鑑 著:伊沢一男
・植物和名ー学名インデックス YList(http://ylist.info/index.html

投稿者:3年 松本

posted by 昭和薬科大学薬用植物園 at 14:05 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 開花中(草本区)   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

フキの開花

IMG_3140.JPG

【和名】フキ

【学名】Petasites japonicus (Siebold et Zucc.) Maxim.

【科名】Asteraceae(キク科)

【特徴】雌雄異株の多年草で、早春に地下の根茎から大型の苞をつけた花茎を伸ばし、頭状花をつける。
雌花は白色、雄花は黄色。この花茎がフキノトウと呼んで、食用・薬用にする。


【出典】・薬草カラー大図鑑 著:伊沢一男
投稿者:3年 阿部
続きを読む
posted by 昭和薬科大学薬用植物園 at 13:31 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 開花中(草本区)   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

ヤマトレンギョウの開花

IMG_3814[1].jpgIMG_3813[1].jpg

【和名】ヤマトレンギョウ

【学名】Forsythia japonica Makino

【科名】モクセイ科(Oleaceae)

【特徴】
日本原産で、岡山県から広島県にかけての石灰岩地帯に自生する。枝は薄板状の髄をもち、黄褐色で下垂しやすい。葉は先のとがる卵形か広卵形で、下面に軟毛を生じ、長さ10p、幅6pほどになる。花は単生し、やや小さい。



【出典】
・園芸植物大事典2 発行者 秋庭隆
・植物和名ー学名インデックス YList(http://ylist.info/index.html
投稿者:3年 漆畑
posted by 昭和薬科大学薬用植物園 at 13:09 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 開花中(草本区)   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

シナマンサクの開花

IMG_3118.JPG

【和名】シナマンサク

【学名】Hamamelis mollis Oliv.

【科名】マンサク科(Hamamelidaceae)

【特徴】
中国原産で高さ3〜7m。本属ではもっとも花が大きく、美しいのでよく栽培される。
日本産のものと異なり、幼条や葉は軟毛でおおわれ、開花期もはやく、12月から1月に開花する。花は香りも強く、黄金色で、基部は赤色または赤褐色。開花時に枯葉が残っているのが特徴である。

【備考】
園芸品種には以下のものがある。
'ブレウィペタラ'['Brevipetala’]―花が橙黄色、花数が多く、香りが強い。'ゴールドクレスト’['Goldcrest’]―花が大きく、花底が朱赤色、先が濃橙色。'パリダ’['Pallida’]―花が大きくレモン黄色。

【出典】
・園芸植物大事典2 発行者 秋庭隆
・植物和名ー学名インデックス YList(http://ylist.info/index.html
投稿者:3年 齋藤
posted by 昭和薬科大学薬用植物園 at 15:54 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 開花中(木本区)   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする